即日融資カードローンなら!

キャッシングの審査に通る秘訣について

カードローンの審査に通る秘訣について!

ここでは、カードローン・キャッシングの審査に通る際にメリットとなることや注意点、審査の受けやすいお勧めのキャッシング会社についてお話していきたいと思います。まずはメリットについてです。キャッシングを利用出来るかどうかの大きなポイントの1つは、収入の3分の1以上は借りられない総量規制の対象になるかどうかですが、これにひっかからなければOKです。また会社の勤続年数・自宅の居住年数が10年以上で、尚且つ自分の持ち家か分譲マンションに住んでいると審査に通りやすいと言われています。そして既婚で夫婦共働きであれば、収入が十分あるとみなされるのでやはり有利です。

 

過去の借入に関することでは、もしキャッシングを利用していた経歴があっても、何も問題を起こしていなければ審査には支障ありません。このことについて聞かれた場合もし虚偽の申告をしても、信用情報機関に照会して調査されますから、すぐわかってしまうので、決して妙な気を起こさず、過去に何があろうと正直に申告するようにしてください。大手の業者でキャッシングを利用する際には、まず最初にネット上でなら公式HPで、数秒で済む仮審査を受けるようにしましょう。これは自分の返済能力を図る大変重要なものです。もし審査に落ちても、どこが問題であったかがすぐわかるので、改善の余地もあり決して無駄にはなりません。

 

また業者によっては、無職の人でも短期で小口の融資なら受けられる制度もありますから、該当する人は調べてみてください。それから先程の借入の経歴についての話ですが、大手銀行系の会社でも現在借り入れている件数が3件以内で、総量規制の対象外であれば問題ないそうです。とは言えこれは程度問題であり、返済能力や本人の資質を図るために指針ともなるものですから、出来れば借り入れている所が他にないに越したことはありません。

 

次に注意点についてです。もし自分はどうもキャッシングの審査に通りにくいようだと感じたら、それは先程も触れた「信用情報」によるところが大きいと思われます。この信用情報には、氏名・生年月日・性別・住所・勤務先・年収等の基本的個人情報の他に、ローンやキャッシングの申込・契約・取引・金融事故・照会・本人申告等、キャッシングに直接関わる個人情報が登録されています。但し基本的個人情報が契約期間内はずっと登録されている以外では、申込に関する情報の登録期間は6ヵ月以内、その他の情報については5年以内と決められています。

 

具体的には、2、3ヶ月または2回以上の延滞や強制解約、債務整理(自己破産・任意整理)等の記録があったり、複数の業者から3件以上借りた経歴があると返済能力やモラルに問題があるとみなされ、審査に通るのは難しくなります。今現在他社で滞納していても勿論アウトです。また基本的個人情報に関しても、会社の勤続や自宅の居住が3年未満であったり、総量規制にひっかかる、勤務先に固定電話がない、寮住まい等でケイタイやスマホしか持っていない人等も、審査には不利であると言われています。普段からのお金の使い方も大切であるということです。

 

最後に審査の受けやすいキャッシングについてお話します。審査が受けやすい(インターネットでの申し込み等)のは、やはり銀行より消費者金融でしょう。それもどこでもいいというわけではなく、大手銀行系の傘下にある会社が安心でお勧めで、プロミス・アコム・SMBCモビット等がその代表格と言えます。例えばSMBCモビットなら来店しなくても即日融資を受けることが可能ですし、パート・アルバイトでも長く勤めていて収入が安定していれば、融資を受けることが出来ます。プロミスやアコムでも、普通に勤めている人は勿論、既婚女性でも安定した収入があれば融資は受けられます。またSMBCモビットなら、借入限度額は500万、金利は4.8〜18%となっており自動契約機でも借りられて、申込から融資まで最短なら1時間で済むそうです。また銀行のキャッシングといわれるものは審査は若干厳しいと思いますが、そこまでの厳しさではなく比較的審査は通りやすいと言われています。ご自分に合った会社選びは、くれぐれも慎重に行いましょう。
※ここでいう審査の受けやすいというのは通りやすいと言うことではありませんのでお間違えないようにしてください。