即日融資カードローンなら!

消費者金融とカードローンの違い

消費者金融とカードローンの違いについて

消費者金融とカードローンの違い

消費者金融等の業者から融資を受けようという場合は、年収の3分の1以上の借入が出来ない総量規制というものがありますが、これは銀行のカードローン利用の際には適用されません。審査時間内には、申込内容の確認や勤務先への在籍確認も行われますが、合否が決まるまでの時間は最短で30分ほどだと言われています。もっと遅くなっても、その日の内には終わります。多額の融資を希望していて収入証明書が必要なときは、郵送しなければならないので数日かかります。オンラインでの申込ですと一括して審査され、その場でのカード発行が可能な場合もありますが、そうでない場合は、まず申込書類を返送してから、本審査や在籍確認をするところもあり、審査に通っても又カードが届くまでに日数がかかります。どちらにしても、最後の在籍確認をクリア出来れば、審査は合格ということです。

 

申込には必ず身分証が必要となりますが、これは免許証・健康保険証・パスポート・住民票等の写しでOKです。先程もお話したように、50万〜100万の借入を希望する場合は、公務員やサラリーマンなら源泉徴収票や所得証明・供与明細2ヶ月分等を、自営業者や個人事業者は、住民税決定通知書か課税証明書・納税証明書等が必要です。カードローンは金額としては少なくとも数10万、多いと数百万借りる人もいますが、最初の方でお話したように融資と返済を頻繁に繰り返しますと、金利負担が重くなり返済が厳しくなりますので、十分注意してください。また他の金融サービスを一切利用したことがなく、全く初めてカードローンを利用する場合は、消費者金融でしたら同時に2社申し込んでも差し支えないそうです。これは既に1社でも利用している場合は、何も問題を起こしていないときでも問題になる場合もありますので避けてください。