即日融資カードローンなら!

カードローンについて

カードローンについて知っておきましょう!

カードローンについて知っておきましょう!

カードローンは、キャッシングと混同されがちで違いもわかりにくいのですが、きちんと見ていけば色々と違いがあることがわかります。そこでここでは、カードローンの主な特徴について順を追ってお話していきたいと思います。まずカードローンの定義ですが、簡単に言いますと銀行やその他の金融機関発行のカードを利用したローンなのです。基本的な機能はほぼ同じですが、年収の3分の1以上は借りられない総量規制が銀行にはなく、消費者金融にはあるという違いがあるので注意が必要です。

 

カードローンは最初に契約した借入限度額の範囲で、主に金融機関のCDやコンビニ等提携期間に設置されているATMを通じて借りることが出来ます。ここでお話しているのは個人向けのカードローンについてですが、厳密に言いますと保証人も担保も要らない無担保型と、不動産や有価証券等を担保にする有担保型とがあります。使途は事業資金でない限りは自由ですが、個人事業主向けのカードローンもありますから、事業を始めようとしている人は、こちらを利用した方が賢明だと思います。また発行されるカードは、銀行のカードローンならば普通預金口座のキャッシュカードと兼ねているものもありますが、カードローン専用のカードが発行される場合もあります。銀行のカードローンで専用カードが作られる場合、その銀行の口座は不要です。

 

カードローンの審査は金融機関指定の保証会社が保証人となって行われますが、審査そのものは金融機関と保証会社両方で行っています。ですので、その分審査は厳密で厳しいと考えるべきでしょう。また原則としてフリーター・学生・専業主婦等定職に就いていない人は、銀行に多額の定期預金がない限りは利用出来ないことになっています。但し近年の業者の中には。申込基準を緩和しているところもあるので御確認ください。

 

カードローンの返済方法は、毎月決まった日の口座振替でリボルビング払いということが多いのですが、CDやATMを使って早めに返したり、リモートバンキングで銀行の自分の普通口座から振り替えることも出来ます。もし万が一延滞や貸倒等になりますと、保証会社が金融機関に代位弁済した上で、債権回収をすることもありますから、保証会社からの借入と同じ扱いを受ける可能性もありますので、毎月の返済は計画的に滞りなく行うようにしてください。

 

最後のカードローンのメリットとデメリットについてそれぞれ幾つかあげておきましょう。メリットはまず、他の貸金業者より低金利であるということです。勤務先によっては、通常より低利のカードローンに入れる可能性もあります。また返済に指定した口座で自動振替後に残高不足になっても、可能な範囲で立て替えられる自動融資機能もあります。またカードローンを利用していることで、金融機関の優遇サービスの特典対象になることもあります。デメリットは、変動金利制にの金利は、定期的な見直しにより、金利上昇のリスクを伴っているということが、まずあげられます。またリモートバンキングの上ではカードローン口座取引明細が確認出来ないときは、定期的に郵送される明細書のみでの確認となるので、十分注意しましょう。金融機関によっては1日の無断遅延でも、貸出停止・債権回収の対象となりますので、毎月の返済日を忘れないようにしてください。